在宅医療介護を「見える化」するアプリ

ロゴ(円なし)サブデータ.png

『ざいる』は医療・介護に関わる多職種がお互いの診療や処置、患者(利用者)様の日々の様子を「見える化」する無料コミュニケーションアプリです。ユーザー(医師・看護師・薬剤師・ケアマネージャー・ソーシャルワーカー・リハビリ療法士・ヘルパー・介護施設職員など)は患者基本情報・カレンダー・チャット機能を用いて互いの情報を共有することが出来ます。超高齢化社会を迎える日本が抱える多職種連携問題を「ざいる」で解決することを目指しています。

古い本

ざいるの特徴

他職種連携が出来る

ライン黄色.png

ざいるのユーザーは在宅クリニック、訪問看護師、薬剤師、リハビリ療法士、ケアマネージャー、ヘルパー、福祉施設スタッフ等多岐に渡ります。患者様を中心に、医療介護に関係する人々が患者様専用のページにアクセス出来、関係するすべての人同士が連携することが出来ます。
患者様の病名や既往歴等の医療情報のみならず、介護保険情報・ADL・社会的背景等の情報入力画面を作成することが出来、医療から介護にまたがる幅広い情報を共有することが出来ます。

情報の「見える化」が実現

ライン黄色.png

医療・介護事業所ユーザーが各自の診療・看護・介護内容を入力することで、これまでお互いに見えなかった介入の様子を「見える化」出来ます。
在宅で今まで利用していた紙ベースの連携ノートをアプリでリアルタイムに共有することが出来ます。
また、在宅クリニック・訪問看護ステーション間で煩雑になっていた点滴などの在宅在庫物品問題を、カレンダー内の物品持ち込み入力・物品実施入力機能を用いて解消することが出来ます。さらに、訪問看護師による点滴や処置の実施入力で、リスクマネジメントも図れます。

カレンダー機能で患者様の予定が分かる

ライン黄色.png

患者様の予定をカレンダーに入力することで、関係者全員がリアルタイムに予定を把握できます。予定をお互いに確認出来ることで、関係者同士の連携が図れたり、日々変化する患者様にとって必要な介入予定等をクリエイト出来ます。
 

掲示板とメッセージ機能で報告出来る

ライン黄色.png

ユーザー同士は患者様の掲示板上で、複数あるいは個人間でメッセージのやり取りをする事が出来ます。
重要な情報を共有することが出来ます。さらに、在宅担当医からの臨時の指示等もリアルタイムで確認することが出来ます。

安全なセキュリティー管理が出来る

ライン黄色.png

患者様情報へは実際に医療・介護に関わるスタッフしかアクセス出来ないよう、完全招待制としています。自身が担当患者(利用者)画面を作成するか、同じ患者(利用者)を担当する他ユーザーから招待を受けることで、患者(利用者)情報にアクセスすることが初めて可能になります。

ザイル画面.png

使える機種

symbol011.png

WEBブラウザ

ご自身のパソコンを使ってダウンロードの手間も一切なく、直ぐにご利用可能です。

app.png

iOS

iPhoneやiPadでは、iOSをにてアプリケーションをダウンロード後にご利用可能です。

play.png

Google Play

アンドロイドでは、Google Playをにてアプリケーションをダウンロード後にご利用可能です。

活用できる職場

​訪問診療を担当するクリニックを介さなくても、それぞれの職場で利用することが出来ます。

訪問診療.png

訪問診療

薬局.png

薬局

看護師.png

訪問看護ステーション

事務員.png

医療事務

ケアプラン.png

ケアプランセンター

アイデア.png

アイデアで応じて